ページトップへ
  • HOME
  • ローカリズム推進学会とは
  • 活動報告
  • お知らせ
  • お問い合わせ

ローカリズム推進楽会とは

食oolロゴ
活動画像

HOME > ローカリズム推進楽会とは

ローカリズム推進楽会とは

地域資源を活用した商品、メニューの開発やその販売支援を行う団体です。 特に広島県内での拡販、誘客事業をお手伝いしています。

私たちのビジョン(目指すもの)

  • 地産地消を「食育」という教育的啓蒙的活動だけでなく、
  • 地域経済の活性を促進する事業にしよう。
  • 毎日の食卓を彩る食材に地域商品を積極的に選び、
  • 食べ支えることのできる消費者仲間を増やそう。

事業内容 

  • 体験ツアーやセミナー、イベントの企画・集客
  • セミナー等の講師・講演講師
  • 地域の情報の記録・執筆・情報発信、書籍の出版・販売
  • 依頼の内容に応じた地域の食材や商品の販売
  • ローカリズムに基づいた商品の開発、販売促進
  • 地域の食材や商品の普及販売促進のためのレシピ制作
  • ローカリズムサポーター、認定講師の育成
  • その他、地域活性に貢献できる事業

<代表理事あいさつ>

「ローカリズム推進」は「地域愛を育む」ことを意味しています。
地域のことを楽しみながら学び、そこで生まれる産物を、そこにいる仲間と共に味わう経験は私たちの人生を豊かにしてくれることでしょう。

私たちは、大量生産されるものやインスタントフード、高度な加工品も否定はしません。子どもを育てながら、家族の介護をしながら、仕事をしながら、色んな事情を抱えての暮らしの中で、短時間で安全に食べることができるものは、とてもありがたい存在です。

でも便利なカット野菜、食べてみるとあんまり野菜の味がしないのはどうしてなんでしょう?
別に料理のプロでもないお母さんが作ったごはん、どうしてあんなに美味しいのでしょう?
美味しいごはんは、体にも栄養が行き渡り、心も満たされます。

実は、美味しいとか、美味しくないと感じるにはちゃんと理由があるのです。
ローカリズム推進楽会では、その「美味しい理由」を解き明かすべく、
専門家たちが食材や食べ方の研究、開発を行っています。

地域の事業者さんと共に、消費者の1人として「買いたくなる」「食べたくなる」ものを作っています。
そして、それを買い支え、食べ継いでいける「賢消費者育成事業」を行っています。

つくるヒトも学び、食べるヒトも学ぶ、
そんな楽しくて、美味しい学びの時間を一緒に過ごしてみませんか?

メンバー構成

理事会

社団法人として行う事業を検討し、御見積もり致します。

商品開発&販売部門

商品を作り、プレゼンテーションし、販売するまでのトータル支援をする部門。コンセプトメイク、パッケージデザイン、販促物用の写真撮影、食品表示指導、製造委託先とのマッチング、売り場での見せ方、試食販売指導など、「商品」として売り場に並ぶまでの全てを実績のある専門家がサポートします。

食のエヴァンジェリスト

ローカリズムに基づいた商品を積極的に購入し、食べ支えることのできる賢消費者を育成する部門。専門性の高い講師陣が様々なイベント講座、産地見学ツアーなどを実施。レシピ作成、食べ方の提案はもちろん、リアルな講座でのコミュニケーションとSNSを併用し、消費者との関係性を深める仕組み作りをお手伝いします。

連携

商品開発&販売部門

  • (株)平山友美フードトータルプランニング
    代表取締役 平山友美

    地域商品を全力で応援する現場大好きな専門家

  • CompAny(コンプ・アニ)
    代表 加藤久嗣
    プロデューサー 杉浦正昭

    広島を拠点としたタレント、ナレーター、役者の総合プロダクション

  • ディーシー・ラボ
    所長 奥本健二

    地方の小さな会社のブランドを育てる専門家

  • ZOOM
    代表 岸副正樹

    地域商品を魅力的に撮る
    人と食が大好きなカメラマン

  • 猫でもわかる食品表示研究所
    所長 出射幸子

    元農水省勤務・半端ない知識と経験のある6次産業化アドバイザー/食品表示指導

  • attract
    代表 奥山涼子

    レアな食材もお任せ調理師
    原料調達/工場内衛生管理/微生物検査

食のエヴァンジェリスト 主なメンバー

代表理事 平山友美を中心とした、食のエヴァンジェリスト(伝道者)。
広島を拠点に中国5県の食について分かりやすく具体的に説明するとともに、啓発・宣伝を行う。

  • 藤岡華代

    ウェルネス栄養サポート代表
    主任管理栄養士

  • 菅野美穂子

    専門調理師/調理技能士/専門調理食育推進員

  • 矢島真紀

    売り場指導/テーブルコーディネーター
    来店率・購入率を上げる接客術指導

  • 岡本隆子

    1級フードアナリスト
    食が深く語れるアナウンサー

  • 原森泉

    通訳案内士/発酵の研究

  • 木島多枝子

    ハーブソルト研究家
    懐石料理からハンバーガーまで幅広いレシピに対応

主な実績紹介※セミナーや講演、地域商品の開発、パッケージ制作等も行っておりますが、市町の活性化事業に携わったものをご紹介します。

2015年度 とびしまのわ

2015年度 とびしまのわ

呉市とびしま地区は、広島レモンの発祥地。
「愛とレモンで島おこし」をコンセプトに地域活性化に取り組むとびしま柑橘工房様の事業をお手伝い致しました。広島市内の複数の飲食店でとびしまレモンを使ったメニューを考案、とびしまフェアを実施。広島市内飲食店で各社のメニューを集めたお披露目会を開催。料理教室開催。

2016年度 とびしまのわ 第2弾

2016年度 とびしまのわ 第2弾

「とびしまレモンでリラクゼーションの旅~美魔女ツアー」と題して、とびしまレモンの収穫体験を企画、実施しました。
収穫後は、レモンを使った料理を堪能し、呉の藻塩を使った手作りの塩レモンづくりワークショップを開催。

江田島市商工会 江田島プロモーション動画制作

江田島市商工会 江田島プロモーション動画制作

カープ女子会とコラボした江田島プロモーション動画を提案から企画、制作。
制作は弊社団メンバーのプロダクション「CompAny(コンプアニ)」のプロデューサー 杉浦正昭とディレクター 加藤ひさつぐが担当致しました。

庄原市の逸品づくり事業 2016年度

庄原市の逸品づくり事業 2016年度

広島を拠点に活躍するミュージシャン、森本ケンタさんとカープ女子の住本明日香さんと一緒に庄原をめぐるバスツアーを企画。
スタンプラリーやグルメコンテストの企画と台紙等の制作も行っております。

アクセス

一般社団法人ローカリズム推進楽会
住所 :広島市中区三川町 9-9-1203
FAX :(082)881-0499 ※電話はつながりません
平和大通り沿い、とうかさん近く

chat&cooking studio 『食ool !(く~る!)』について

“cool”な男女が集い、味わう”cool”な場所、ローカリズム推進楽会のキッチンスタジオ「食~る!(クール)」です。“cool”は、「イカすね!」なんていう意味で使います。ちょっとマニアックな一面もあるけれど、面白くてためになる、誰かにまた伝えたくなる、coolな食の情報を発信する場所という意味を込めて命名し、ロゴマークにしました。