ページトップへ
  • HOME
  • ローカリズム推進学会とは
  • 活動報告
  • お知らせ
  • お問い合わせ

活動報告

食oolロゴ
活動画像

HOME > 活動報告 > 暮らしの知恵を授かる会 > これ作っときん菜講座 11月

2017-11-22

暮らしの知恵を授かる会

これ作っときん菜講座 11月

主任講師の菅野美穂子です。
これ作っときん菜講座 11月はおからみそつくりとミャンマー料理、森戸砂那恵さんとのコラボ講座でした。

ミャンマーでよく食べられている家庭料理を紹介いてもらいました。
食材の提供は可部のつぼくさ農園さん、可部で育ったツボクサを使ったサラダは参加された方に永久保存版のレシピといわれるほど美味しかったです。
薬効は高くても今まではあのほろ苦さや触感に慣れずにいまひとつ使いこなせてなかったのですが、これでつぼきさ!!どんと来い~です。




ターメリックはチキンに、卵カレーにとふんだんに使いました。
夜の部では県内産のターメリックを使用。
香りがよかったような気がしました。
写真はありませんが、魚醤とか干しエビを使ったローゼル(チンバウン)のスープもありました。

少ない調味料で美味しくできる、ミャンマー料理すっかりはまりそうです。




私はデザートを担当
シュイエンエーという一般的なデザートをデモしながら作りました。
中に入れる柿ゼリーとバナナプリンは前もって作っていきました。
トッピングはローゼルシロップとジャムと、モリンガパウダー
”食パンを乗せるの~??~~想像できない~”と言われましたが、一口食べたら
”味しい~~”に変わりました。
ココナッツミルク、無添加のものが手に入ってよかったです。




はじめての講師にしては森戸さん、なかなかトークも楽しくて質問もたくさん、とても楽しい講座でした。
ミャンマーの民族衣装も着て見せてもらいました。




次回は12月18日(月)昼と夜
湯来町のおそらゆきの店長、神田さんとのコラボイベントで、重ね煮を使ったてXmas料理がメインになります。