社団紹介

ローカリズム推進楽会について

コンセプトはつくる食文化

どんな食卓でも楽しめる、食文化を創造したい
  • 食を個性豊かに自分らしく楽しむ食文化に、
  • 食をひとり静かに味わう至福の時間に、
  • 食を多彩な食文化を知る教養のエッセンスに、

現代のライフスタイルに合った食文化を創造していきます。

食OOL(く~る)って何?

「ローカリズム推進楽会」の名称は「地域愛を育む」という思いをこめて名づけました。そして「食OOL」は、私たちの活動拠点、オフィス兼キッチンスタジオの名称です。

家庭の数だけ食文化があります。
貴方のための貴方らしい食文化を築いて欲しいから。
広島市の中心地に「食OOL(く~る)」という場をご用意しました。「COOL!」は「いいね!」の意味です。

ここで、私たちと一緒に、自分らしい食文化をつくりませんか?

社団概要

社名
:一般社団法人ローカリズム推進楽会
設立
:2014年7月31日
役員
:代表理事 平山友美(株式会社平山友美フードトータルプランニング代表取締役)

「ローカリズム推進」は、「地域愛を育む」の意味。
地域の食材・食文化に新たなエッセンスを加えて未来につなぎたい、そんな思いで食に関わる様々な教養講座を企画し、自社のオフィス&キッチンスタジオ「食OOL」を中心に各地で食講座を開講しています。

  • *講座に参加されることで会員となりますが、登録費用や入会金は無料です。
  • *年会費もありません。
  • *興味のある講座にだけ、一回ごとの参加ができます。

サービス

  1. 体験ツアーやセミナー、イベントの企画・アイデア提供
  2. セミナー等の講師・講演講師
  3. 地域の情報の記録・執筆・情報発信、書籍の出版・販売

☆商品開発、販売支援その他の事業相談は、代表理事平山友美が運営する会社「株式会社平山友美フードトータルプランニング」に委託します。

☆「みそ」の活動については、講義資料、テキスト類の提供ができます。

  • ・みそ玉作りワークショップ 出前講座
  • ・テキスト、配布用資料
  • ・みそを使ったレシピの提供、みそ料理教室
  • ・みそソムリエによるみそのお話 など

メンバー

それぞれの得意分野を活かした食講座やイベントを開催しています。

主催者講座

  • 代表理事平山 友美ひらやま ともみ

    主な講座平山友美の食材塾

    食材の不思議、調理なぜ?を解き明かしながら、食味比べを中心に行う内容。豊富な取材経験に基づいた生産現場、流通の話が面白い。

    プロフィールを見る
  • 主任管理栄養士藤岡 華代ふじおか かよ

    主な講座離乳食教室・育児サロン

    赤ちゃんの身体や脳成長に必要な栄養のお話、ママが知っておきたい離乳食のキホンを教える。手作りの離乳食を試すなど実践的内容が好評。

    プロフィールを見る
  • 主任講師菅野 美穂子すがの みほこ

    主な講座これ、作っときん菜講座

    米糀、酵素シロップ、みそ作りなどの発酵食の回は大人気。豆腐やこんにゃく、納豆作りなど何でも手作りしてみよう!山野草のレシピが豊富。その知識深さには驚かれます。

    プロフィールを見る

コラボ講座

  • 伊藤 道恵いとう みちえ

    主な講座お魚、学ぶ講座

    タコやアナゴなど活魚をしめるところから始まり、1つの魚を色々な食べ方で堪能する。毎回の座学時間も盛り上がる。

    プロフィールを見る
  • 木島 多枝子きじま たえこ

    主な講座おばんざい講座

    自ら製造販売を手掛ける「ハーブソルト」を使った酒の肴にしたいおばんざが大人気。そば打ち名とのコラボ講座もある。

    プロフィールを見る
  • オウ メイシュンリ シャオイエン

    王 明春&李 暁燕

    主な講座薬膳講座

    中医学の医師とプロの料理人コラボ講座。薬膳についての知識と家庭で実践きるレシピの両方が手に入る贅沢な内容。

    プロフィールを見る
  • 出射 幸子いでい さちこ

    主な講座猫でも分かる食品表示

    食品表示に関するセミナー、講座演。表示内容についての相談も。お問い合わせはこちらから

    プロフィールを見る
  • 戸津川 良とつかわ りょう

    主な講座邑南町Farmer's School

    無肥料、無農薬、無除草剤の自然農法でカラフルで珍しい野菜を育てている農家。ここで共に学び、育て生きるチカラを身につけます。

定期講座

  • 岡本 隆子おかもと たかこ

    主な講座食は笑顔の源

    身体に優しい食材を使ったヘルシー料理を紹介。プロの料理人や諸外国友人が講師になることも。

    プロフィールを見る
  • 田村 明子たむら あきこ

    主な講座美味しいハーブ&スパイス

    毎回1つのハーブ又はスパイスを深堀りし、気軽に料理“ちょい足し”するユニークな講座。

    プロフィールを見る

その他講座

  • 矢島 真紀やじま まき

    主な講座ディスプレイと接客

    店舗や展示会における集客力と販売力強化、上アップを目的とした内容。

    プロフィールを見る
  • 佐久間 亜弓さくま あゆみ

    主な講座アスリートフード

    アスリートの身体作りや腸ケア健康と抗老化をテーマにした内容。

    プロフィールを見る

パートナー

それぞれの得意分野を活かした食講座やイベントを開催しています。

PageTop

伊藤 道恵(いとう みちえ)

主な講座お魚、学ぶ講座

インターネットショップ「瀬戸内たいたいCLUB」店長。2005年から広島市中央卸売市場内の仲卸、(有)山口屋水産に勤務。市場から直で手に入る新鮮で質の良い魚を求めて、講座に参加する料理人や飲食店オーナーも多い。

木島 多枝子(きじま たえこ)

主な講座おばんざい講座

自ら製造販売を手掛ける「ハーブソルト」を使った酒の肴にしたいおばんざが大人気。そば打ち名とのコラボ講座もある。

王 明春(オウ メイシュン)

主な講座薬膳講座

中国料理専門調理師、国際薬膳調理師の資格を持つ料理人。昭和34年に先代が全国に先駆けて中国式手打ち麺を提供する本格中国料理店「東海飯店」を創業。それを受け継ぎ、複数店舗を経営しながらTVの料理番組や企業のイベント講師で活躍。現在もチャイニーズレストラン「美麗」(福屋広島駅前11F)、中国料理「東海飯店」(広島駅ビルアッセ2F)
自家製麺「麺工房東海(安佐南区川内)の3店舗を経営しながら、講師活動も積極的に行っている。

李 暁燕(リ シャオイエン)

中医学の医師。鍼灸師、薬膳コーディネーターの資格も持つ。中国内蒙古医科大学を卒業後、公路鉄道病院の内科、北京中日友好病院鍼灸科、北京中医薬大学付属直門内科など中国国内の病院勤務の後、1997年来日。現在、あらき鍼灸整骨院に勤務し、鍼灸外来、漢方相談に携わっている。福祉関係の仕事も積極的に行いながら、中医学のすばらしさを伝えている。

出射 幸子(いでい さちこ)

主な講座猫でも分かる食品表示

食品表示については、かなりの知識の蓄積があることが最大の強み。農水省職員の時代から消費者、事業者に対する講習会を相当数経験し、人前で話をすること、講演講師やセミナーは得意中の得意。業務として、食品産業と農業のネットワーク作りをしていたため、農産物の加工などはマッチングのアドバイスが可能。また農水省の中国四国農政局内には、業務を共にした者が現在も在籍しているため、情報収集も容易い。農業だけでなく、林業、漁業にも薄く、広い知識がある。

【活動実績】
2012年まで、農林水産省に在籍。在籍期間中の業務は以下の通り。

【現在の活動】

【メディア実績】

岡本 隆子(おかもと たかこ)

主な講座食は笑顔の源

フードアナリスト1級の資格を持つ。食事療法によって自らの大病を克服し、細胞は食べたもので作られているのだと実感した。この経験を生かし、身体に優しい食材を使ったヘルシーな料理を紹介している。「農ガール」として農作業にも勤しみ、農と食とを繋ぐ活動にも積極的。アナウンサーとして食のイベント等の司会を務めることも。深みのあるコメントも交えながら進行する。

田村 明子(たむら あきこ)

主な講座美味しいハーブ&スパイス

約20年前、ハーブを料理に“ちょい足し”したら、すごく美味しくなった感動体験から“食べられるハーブ”のみ育て料理に使い始め、現在も“使えるハーブ”を約30種栽培し、持続可能なハーブのある暮らしをエンジョイしている。
2003年よりマクロビオティックや玄米菜食を学び、雑穀・乾物料理、野菜スイーツ、卵・乳製品不使用のスイーツ作りを楽しんできた。以来、“簡単”“便利”“使い切る”をモットーに、1つのハーブ/スパイスを深堀りし、気軽に料理に“ちょい足し”する「美味しいハーブ&スパイス講座」を開講。 初級園芸福祉士として、施設・介護予防教室・小学校にてハーブやスパイスを使ったワークショップ講師なども務めている。

矢島 真紀(やじま まき)

主な講座ディスプレイと接客

ブリング トゥ ザ テーブル代表。
販売員に向けた接客販売研修および、様々な業種における接客販売・ディスプレイの現場教育を行う。大学卒業後、国内大手ジュエリーメーカーに14年間勤務し、百貨店で販売員を経験。売れない販売員から売れる販売員に変わった、自らの経験をもとに、店長として部下育成に注力する。地方の店舗を、全国売上上位10位以内(全国約130店舗中)の常連店に成長させ、全国NO.1販売員も輩出する。また、ディスプレイで売上が変わることを経験したことから、接客とディスプレイの相乗効果に着目。丸山洋子テーブルクリエーション及びジャパン ディスプレイ クリエイター アカデミーで学びを深め、百貨店食器売場のディスプレイや食品関連の展示会出展の支援にも携わる。

ブリング トゥ ザ テーブル
ブリング トゥ ザ テーブルとは、「貢献する」「有益な情報を提供する」を意味し、取引先企業や地域に「貢献する」ことを、理念とする。

佐久間 亜弓(さくま あゆみ)

主な講座アスリートフード

アスリートフードマイスターの資格を持ち、講座ではアスリートの身体作りや腸ケア健康と抗老化などを伝える。食品では「酢」にとりわけ強く、自ら「ビネガーリスト(vinegarist)」と名乗って活動することも。