トピックス

2019年03月22日 | 管理栄養士の糖質コラム

何を食べるとどれだけ血糖値が上がる!?

  • facebook
  • twitter
  • LINE

食べたものによって血糖値の上がり方は違います。
例えば、甘いジュースを飲んだ時とブラックコーヒーを飲んだ時には血糖値の変化が全く違います。
ブラックコーヒーには糖質が含まれていないので血糖値は全く動きませんが、甘いジュースを飲むと血糖値は急上昇・・・。
人によっては血糖値が急上昇した後、急降下して眠気やイライラなどの症状が出ることもあります。

血糖値が上がるかどうかは、食べたものにどれだけの糖質が含まれているかや糖質の他にどのような成分が含まれているかなどによって違いますが、同じものを食べてもどれだけ血糖値が上がるかや食べた後の血糖値の変化の仕方は人それぞれ。

随時血糖値の変化をみることができる自己血糖測定器の「リブレ」を使って、2週間自分自身で人体実験してみました。


糖質の量や糖質の種類、何を一緒に食べるか、何から食べるかによっても大きく違うことが実際によくわかります。
一番驚いたのはプリンを食べた時よりもおせんべい1枚食べた時の方が血糖値が急上昇したこと・・・。
糖質単体で摂るとやはり血糖値は急激に上がります。
血糖値スパイク(血糖値の乱高下)は、病気のリスクを上げる他、アンチエイジング面でもマイナス。
血糖値スパイクの予防には食べるものだけでなく、食べ方や食べるものの組み合わせなどにも注意していかないといけません。

2週間では実験したかった食材全てを試せなかったので、また機会があればつけてみよう!

  • facebook
  • twitter
  • LINE

PageTop