トピックス

2018年12月12日 | 講座レポート

王さん&李先生の薬膳講座レポート!

  • facebook
  • twitter
  • LINE

薬膳料理を担当する、国際薬膳調理師の王です。
中医師の資格を持つ李Dr.とのコラボも今回で4回目となり
テーマはアンチエイジングでした。
参加者は全員女性。特に昼の部は早々に定員に達し、皆様の関心の高さが伺えます。


料理は全部で四品ご紹介しました。
まず一品目は、クルミの砂糖がらめシナモン風味。


使う砂糖の量が、以外と多く皆様は驚いた様子ですが、
揚げたクルミの香ばしさと、シナモンの香りに、つい手が伸びてしまう美味しさです。

二品目は、豚レバーとほうれん草の炒め物。


豚レバーは薄い衣で揚げ、甜麺醤と豆板醤で味を付けているので臭みを感じにくくなっています。
豚レバーがない場合は、牛レバーで代用しても大丈夫です。
副菜にほうれん草も使い、補血作用の高い料理となりました。

三品目は、イカのミルク炒め。


イカにエバミルクと、白い食材でまとめた一品です。
炒めと言っても、濃厚なクリームソースで絡めた料理です。下味を付けたイカに片栗粉を付け湯通しをするのがポイント。
イカにソースが絡みやすく、縮みにくくなります。

四品目は、古代米粥。


アンチエイジングは黒色がポイント。
李Dr.の助言のもと、黒色食材にこだわった一品です。
古代米(黒米)、黒ごま、昆布、小豆、もち米、
更に身体を温める食材、乾姜(生姜を蒸して乾燥させた物)鶏肉を加えた身体に優しい薬膳粥です。

李Dr.のお話は「腎が老化の鍵を握っている」がポイントでした。


-------------- 李Dr.のお話 ------------------------------
「歳をとる」とは「腎が衰える」ということ。
腎虚と老化は中國2000年前の古典にも記載があります。
女性は7の倍数、男性は8の倍数で年齢の節目を迎え身体が変化し、少しずつ腎気が減少していきます。
腎気が虚弱していくと白髪、骨が脆くなるなど老化現象が起きます。
老化は止められないけれど遅らせる事はできます。日々の食事から腎を補う事で老化を遅らせたり症状を改善させたりできるのです。
腎以外にも筋肉を司る脾、皮毛を司る肺など内臓のアプローチも重要です。

今回は薬膳の視点からみて黒色が腎に良い効果を出せるので、黒米と黒ゴマなど使い、国際薬膳調理師でもある王シェフが美味しい「黒米粥」にしてくださいました。
その他にもイカ、胡桃、豚レバーなどの身近な食材で最高の薬膳料理を作っていただきました。
王シェフありがとうございました。
2019年1月9日の第5回目は、王シェフのお店で普段見ない貴重な食材を使った薬膳料理を堪能する会となります。お楽しみに〜。

  • facebook
  • twitter
  • LINE

王さん&李先生の*格別*おうちで作る簡単薬膳 第4回「アンチエイジング」

2018年12月12日(水)昼の部 11:00~13:30

2018年12月12日(水)夜の部 18:30~21:00

講座概要を見る

PageTop