トピックス

2019年01月26日 | 講座レポート

薬膳おさらい会

  • facebook
  • twitter
  • LINE

2019年1月9日(水)に福屋広島駅前店11階チャイニーズレストラン 美麗(メイリー)にて、昼の部、夜の部と分かれて、第5回薬膳おさらい会が開催されました。


当日は、中医師の李先生と、国際薬膳調理師の資格を持つ王明春オーナーシェフが皆様と同席し、昨年習った薬膳や中医学の基本を復習しながらの楽しい会となりました。

当日のメニューは李先生監修のもと、アンチエイジングを基本に構成したメニューの数々です。
食材も、干し海鼠(なまこ)や髪菜、蝦子、そしてフカヒレなど日頃食べる機会が少ない中華の乾燥食材もご用意し、皆様に召し上がっていただきました。



◇前菜四種
白クラゲとリンゴの甘酢和え
牡蠣の黒酢入り辛味和え
海老の麹漬け
蒸し鶏の黒ゴマソース


◇ 烏骨鶏と髪菜の蒸しスープ

髪菜(はつな)とは今では中国でも採取が制限されている、陸上に生育している藻の一種です。モズクのような食感。スープの具として使いました。


◇フカヒレと卵の金針菜炒め

スープや煮込み料理が多いフカヒレも炒め物でいただきました。
油を使わない炒め物なのであっさりとした味わいです。
金針菜は乾燥物ではなく、フレッシュな金針菜。アスパラのような食感でミネラル豊富な食材です。


◇牛肉と蓮根、棗のオイスターソース炒め

炒めた棗も少し甘味があり干しプルーンのようでした。これも新しい発見です。


◇干し海鼠と蝦子の醤油煮

こんにゃくのような食感の干し海鼠。中国でも高級材料で、戻すのに1週間以上かかります。

皆さんは、酢の物としての海鼠しか知らないので、興味津々。
これも珍しい干し蝦子を調味料の一部として使い、味の深みを出しています。


◇塩昆布の炒飯

昆布もアンチエイジングに必要な食材です。ミネラルが豊富で旨味もあります。
小さく刻んで、炒飯の具材としても面白い使い方です。


美味しい!紹興酒と共に

◇杏仁豆腐
定番のデザートですが、杏仁には咳止めや喉を潤し保護する働きがあります。
-------------------------------------------
~李先生より~
乾燥ナマコの料理が私のイチオシです!! もちろん、どの料理も見た目も味も 一流でした。
乾燥ナマコは日本人にとって余り食生活に馴染んでいませんが、実に滋養強壮効果が高いのです。
疲労回復や免疫力アップ、老化防止などに効果があり、性機能低下、冷え、などにも効果があります。
元気をつけたい、皮膚の乾燥などといったときに積極的に摂ると症状の改善が期待できます。

~王さんより~
薬膳料理とは? 当たり前ですが美味しくなけれが意味がない。
苦い顔をして食べても、体に良くない。
笑顔で食べることが大事だと改めて感じました。
-------------------------------------------
※次回講座内容の変更のお知らせ
4月に予定しておりました「肝の調子」を2月の講座に変更します。
春は肝のケアが養生ポイントになります。
次回、2月の講座では、春の過ごし方、春に食べるとよい食材 などについてのレクチャーを予定しております。
■2019年2月13日(水) 第6回
https://www.local-fan.or.jp/lectureship/entry-720.html


  • facebook
  • twitter
  • LINE

王さん&李先生の簡単薬膳「 薬膳おさらい会」

2019年1月9日(水)第5回【昼の部】11:00~

2019年1月9日(水)第5回【夜の部】18:30~

講座概要を見る

PageTop