トピックス

2019年04月23日 | 講座レポート

お魚、学ぶ講座31時限目 オコゼ

  • facebook
  • twitter
  • LINE

こんにちは、広島市中央卸売市場内、  (有)山口屋水産インターネットショップ瀬戸内たいたいCLUBの店長 伊藤です。
今の時季は広島湾でオコゼがとれ、市場に入荷して来ていますが梅雨が始まる前には突然入荷がなくなります。
旬の短いお魚の一つです。そんなオコゼを使って4/18にお魚、学ぶ講座を開講しました。


見た目はイカツく背びれには毒針がある恐ろしい魚ではありますが味は絶品!
(写真のオコゼは毒針をカットしています。)
ウロコがない代わりに弾力のあるぶよぶよの皮があり、表皮の下には薄皮まであり、
普通の魚のようには捌くことが出来ません。。。




そんな体の構造をしているオコゼを参加者さまが頑張って刺身にしてくれました!
写真、左から皮、胃袋、卵、肝、薄皮
中央が身です。もみじおろしとポン酢で食べました。
自分で捌くといろいろな部位が楽しめます☆
写真はありませんがオコゼの唐揚げ、アラでお味噌汁、骨は骨ぜんべいと余すところなく調理して食べました。


こちらも春の食材!アサリです。
春キャベツと一緒に酒蒸しにしました。
他料理は、さよりの天ぷら、新たまねぎ、人参、三つ葉のかき揚げ、あさりの炊き込みご飯。



座学では、オコゼの生態や広島市で種苗生産し放流している話。放流したオコゼの調査などお伝えさせて頂きました。

このレポートは、瀬戸内たいたいCLUBのブログが掲載元です。

次回のお魚、学ぶ講座は5月16日(木)19:00~
マコガレイを予定しております。

  • facebook
  • twitter
  • LINE

PageTop