トピックス

2019年06月11日 | 講座レポート

お魚、学ぶ講座33時限目 【特別編】北海道トキシラズVS広島サーモン

  • facebook
  • twitter
  • LINE

広島市中央卸売市場 仲卸会社(有)山口屋水産、インターネットショップ「瀬戸内たいたいCLUB」店長の伊藤です。

6月6日にお魚、学ぶ講座 特別編「北海道トキシラズVS広島サーモン」をしました。

ロシアの川から北海道日高まで回遊して来てプランクトンを捕食し、栄養を蓄えた所を
捕獲するのですが産卵準備前の5~6月のこの時季のトキシラズが一番脂が乗り美味しいそうです。
獲って直ぐに活き締めし船上凍結させたトキシラズ。


そして広島生まれ、広島育ちのトラウトサーモン(海面養殖ニジマス)は、
廿日市の清流、万古渓で生まれ その地で2年育てた後に栄養豊富な大崎上島で
大きく育てられます。その後、水温が上がる頃に生まれ故郷に里帰りさせると言う
難易度の高い養殖技術は世界トップ!大崎上島で採れたレモンを飼料に愛情込めて育てています。
当日の朝に活き締めされた広島サーモン。


そんな両者の対決でした!


写真、上が広島サーモン、下がトキシラズです!



先ずは、刺身対決!


続いてちゃんちゃん焼き対決!


シンプルに塩焼き対決!


〆は、広島サーモンの混ぜご飯と広島サーモンとトキシラズのコラボアラ汁!
さて結果はいかに?

このレポートの掲載元は、瀬戸内たいたいCLUBのブログです。
対戦結果は、ブログへ


次回のお魚講座は、7月25日(木)19:00~
活きタコを予定しています。
お申込みは、こちらから>>

  • facebook
  • twitter
  • LINE
広島サーモン

お魚、学ぶ講座33時限目 【特別編】北海道トキシラズVS広島サーモン

2019年6月6日(木)19:00

講座概要を見る

PageTop