トピックス

2019年08月03日 | 講座レポート

お魚、学ぶ講座34時限目 たこ

  • facebook
  • twitter
  • LINE

こんにちは、広島中央卸売市場の仲卸会社、(有)山口屋水産 ネットショップ「瀬戸内たいたいCLUB」店長の伊藤です。
瀬戸内海で獲れるタコは今が旬です。市場に1.5キロ程もある真タコがたくさん入荷して来ています。
今のメスのタコには卵を抱えているものもあります。
そんなタコを使って講座を開講しました。



海水の中からシンクに移すと8本の足を起用に動かし動き回っていました。
活き締めして内臓を取っても手や腕に吸盤が吸い付いて来る程で生命力を感じずにはいられません。
命を頂く事に感謝です。


生たこ たこしゃぶ

参加者のみなさまには軽くボイルしたタコのお刺身を造って頂きました。
他、料理はタコしゃぶ、タコ天、タコ飯、タコキムチとタコ三昧しました。
エラ、卵までボイルして食べました。
タコ本来の旨味、甘み、歯ごたえを感じて頂けたと思います。



おまけ(笑)
こちらは、参加者さまが作って下さった内臓と墨の料理です(笑)
実習、実食の後は座学を学んで頂きました。

日本人は、タコの消費量が日本の漁獲量をはるかに超えています。
スーパーで見かける多くはモーリタニアやモロッコのもの。
広島に住む私たちは貴重な瀬戸内海のタコを手にすることが出来ることに感謝しないければいけませんね。




この講座、今回で丸3年となりました。
みなさまのお陰で続けて来れました。
誠にありがとうございました!

これからも精進して参ります。
どうぞ4年目もよろしくお願い致します。


このレポートの掲載元は瀬戸内たいたいCLUBのブログです。
ブログにて詳細を見ることが出来ます。コチラから>>

次回8月のお魚講座は満席となりました。

9月のお魚講座は穴子を予定しています。詳細はコチラから>>

  • facebook
  • twitter
  • LINE

PageTop